介護事業者にとって、「クラスター感染」は一番の脅威で、それは介護事業経営の危機にも直結する問題です。

そのためコロナ禍が終息していない現時点では、いまだに面会制限や外出制限を続けている介護施設も多いのですが、そうした施設でも、職員や業者は外部から通ってくるのだから、完全にウイルスの侵入を防ぐことは難しいといえます。

現に介護施設のクラスター感染は、今年に入って右上がりの上昇カーブを描き続けています。
高齢者福祉施設のクラスター発生件数の推移 6.17 1300
手洗いやうがいを励行しているのに、介護施設だけではなく、通所サービス等の居宅サービス事業所でもクラスター感染は起こっており、それをいかに防ぐのかが大きな課題ですが、その予防に絶大な効果を発揮するのが、「空間除菌」です。手洗いや器具の消毒だけでは防ぐことのできないウイルスを根こそぎ除去することで、感染リスクは大幅に減るのです。

そんなふうに目に見えないウイルスを細菌・ウイルスを99.9%除去して、しかも「人体にとって安全である」ことが公的に認められているのが、介護施設で大注目のG-MIST!次亜塩素酸で細菌・ウイルスを99.9%除去!< です。

普通の次亜塩素酸水にはない安全性で、有効塩素濃度が変わらず品質が維持され効果が未開封状態で製造から2年、開封後は1年間効果が持続しますので様々な環境でお使いいただけます。

関西のとある社会福祉法人が経営する特養は、クラスター感染が2度発生しました。2度目は対策を十分とっている中の発生で、再発防止に悩んでいたところ、この製品を知り使用するようになったそうです。その後はクラスター感染の発生がありません。

クラスター感染は、介護事業者の職員や利用者のワクチン接種が進んだことにより前週の6月28日時点からの増加幅は11件となり、今年に入って最も少なくなってはいます。直近4週間の件数も今年最少となっていますが、油断は禁物です。さらにアフターコロナを考えた場合も、日常の感染予防策として空間除菌を安全な方法で行っておくことは求められることです。

ご紹介した商品は、噴霧器レンタルも込みのエアクリーンプランや、液体のみのプランなど各種ご用意して、 配送頻度もご希望に合わせて細かく選択出来るようになっていますので、是非リンク先を参照して、お得な低額プランを利用して、クラスター感染を完全予防できる安心の介護事業者の名乗りを挙げてください。



グルメブログ、
masaの血と骨と肉はこちらから入れます。