小野不由美さんは、僕と同い年の小説家です。ミステリー作家と称されることも多い小野さんの代表作は山本周五郎賞を受賞した、「死屍(しき)」や、「黒祀の島」、「東京異聞」などの多数の名作がありますが、2回目の山本周五郎賞を受賞した、「残穢(ざんえ)」が何とも怖い作品です。

しかもこれはホラー小説ではなく、ノンフィクション小説といってもよい程のリアリティがあります。何しろ実話ですから。その作品は、「残穢(ざんえ)~住んではいけない部屋」として映画にもなっています。
残穢(ざんえ)
今日は仕事の予定が変更となり、お昼ご飯以外はホテルに籠ってデスクワークとなりました。原稿書きが一段落したところで、骨休めと気分転換を兼ねて、31日間無料トライアルの中で見れる動画を探していたところ、この名作も無料視聴対象になっていましたので、約2時間たっぷり見ることが出来ました。背筋がぞくぞくしました。じんわりと怖さが染みわたってきます。

こんな作品がまだまだたっぷり無料視聴できるので、暇つぶしには困りません。様々なジャンルの充実した作品群なので、幅広い年齢の方に男女を問わず喜ばれると思います。貴方の観たい作品が必ずヒットします。なおここは動画だけではなく、書籍・雑誌・マンガ・電子書籍も豊富で、「残穢」の原作の購入も可能です。

なお本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信情報は、U-NEXTサイトにてご確認ください。

グルメブログ、masaの血と骨と肉はこちらから入れます。