JR登別駅から登別温泉へ続く道道2号線は、通称「桜並木」・「桜のトンネル」とも呼ばれており、沿道に咲く約2000本のエゾヤマザクラが、車やバスで温泉街へ向かうお客さんを歓迎するようにピンクの花を咲かせて、地元民や観光客などを愉しませてくれる場所である。
桜並木
今がちょうど見ごろの桜並木ではあるが、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が延長された影響で、登別温泉の宿泊施設及び土産店・飲食店の一部も休業を延長しているところが多く、今年に限っては桜並木を訪れる人も少ない。

感染拡大の影響は介護事業経営にも大きな影を落としている。休業や自粛営業を余儀なくされた事業者も多い。通常営業していても感染を恐れて顧客が減った事業者も多いだろう。介護施設は休業できないものの、新規利用者の受け入れを中断しているところが多く、多くの介護事業者の収益が減っていると予測できる。

介護事業に影響が出始めたのは3月であり、介護給付費は2月遅れの支給だから、今月から収入が大幅に減っているという事業者が多いだろう。そんな中で経営を続けるために介護事業経営者はあらゆる努力をしなければならない。

考えると補助金の申請や、無利子の貸付金の申し込みは当然行っていると思えるが、加えてランニングコストの削減努力も一層必要だ。特に休業していてもゼロにならない電気料金のコストカットは一番重要になる。

そこで紹介したいのが、電力料金削減はプロにお任せ!電子ブレーカーで電力料金を賢くコストカット!である。

このカット策の優れている点は、現在契約している電機会社を変える必要がなく、電子ブレーカーを導入して契約内容を変えるだけなので、電気の品質は変わらずに経費だけが安くなるという点だ。

しかも電子ブレーカーを導入するといっても、その費用は顧客が新たな契約で得られるメリットの一部から支払うことになるため、コストは一切発生致しないのである。

そのための調査費用も無料で、無料見積もりの結果で導入を決定すればよいのだ。

つまりコストゼロで見積もりと導入ができて、その後の電気料金は確実に安くなるという超お得なプランなのである。介護事業者にとってリスクのまったくないコスト削減策と言えるわけだ。

なにはともあれ是非無料見積もりを申し込まれてはいかだだろう。まずは記事内の文字リンク先で詳細を確認していただきたい。

グルメブログ、masaの血と骨と肉はこちらから入れます。