下記の画像は、6/1に行われた介護給付費分科会の資料の中に示されている資料画像です。
人生会議
ここに書かれているように人生会議は、「心身の状態に応じて意思は変化しうるため 繰り返し話し合うこと」が重要になります。それは人の気持ちは、置かれた状況や時間の流れの中で変化が生じるものだからです。

こうした人生会議の意義について、全国各地の地域住民の皆様に広報する活動が求められます。それが、「終活セミナー」です。現在コロナウイルスの影響で、そうしたセミナー開催が自粛されているところが多いのですが、今後必ず終活セミナーは、全国津々浦々で開催が求められていきます。

そこでは講師役となる人が求められていますが、その人材を育成しているのが、終活の講師として活躍できる終活ガイド上級講座という通信講座です。


医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓など、終活にかかわるすべてのお困りごとに対応できる内容になっています。生涯学習なので資格を取ったあとも最新情報を常に学ぶことができます。

この講座を受けることで次の3点が可能になります。

1.セミナーのスライド資料などが無料で使えるので、終活の講師として活動できます。
2.エンディングノートやパンフレットなど、活動に伴う販促品が無償で提供されます。
3.専任のスタッフが活動をフォローしますので、安心して終活の相談に対応できます。

是非この機会に終活セミナー講師のスキルを得て、今後長く終活セミナー講師役を務めるようになってください。

グルメブログ、masaの血と骨と肉はこちらから入れます。